キャプチャbuta


リザーフ機は無限の可能性を秘めている!

みなさんこんにちわ。乱(みだれ)です。
今回もフィギュアヘッズについての記事です。

今回のテーマは「リザーブ機」について。
まず、リザーブ機とは何なのかを説明します。

リザーブ機とは?

最初に出した画像で、一番右側に「リザーブ機」という欄があると思います。
画像の構成は、フィギュアヘッズ始めたてでストライカーに興味を持った方向けのものですが、詳しくは別の記事で。リザーブ機とリーダー機を入れ替える構成の方が多いですけど。
リザーブ機とはつまり「2機目のリーダー」です。
どうやって使うのかといいますと、リスポーン中の画面で□キー(PCではLキー)を押すことによって切り替えることが出来ます。

rule_respawn_04

右下にあるこんな感じのやつで切り替えているかどうかが分かります。


リザーブ機の選び方

基本的には、「1機目のリーダーで苦手な状況を打破できる機体」を選びます。
画像の場合、リーダー機はストライカーですが、ストライカーは爆熱系のキャノン砲を主武装とするため、効果が薄い軽量級を苦手としています。

なので、リザーブには軽量級を得意とするタイプのFHを入れるのが良いでしょう。
画像でリザーブ機をAR装備のアサルトにしているのはそういうことです。HVは距離によっては一方的に軽量級にやられるので注意。


オススメのリザーブ機

6つのタイプをそれぞれ見ていきます。

スナイパー・・・瞬間火力が無く、これといって打破できる状況が無いのでリザーブ機には不向きです。

エンジニア・・・こちらも上と同様ですが、相手のコア攻撃が出来そうな時に切り替えるといいかもしれません。他にはレーダー要員とかにも。

アサルト・・・ロケランによる瞬間火力があり、相手に重量級が多い場合の対処になるのでオススメです。
ARも搭載可能でその場合は軽量級の対処になりますが、僚機SPで事足りる場合も多いです。
リザーブ機にオススメです。

サポート・・・基本的に僚機用のタイプなのでリザーブには不向きです。とはいえ、補給できるのは魅力なので味方チーム内にSPがほとんど居ない場合に切り替えるといいかもしれません。

ヘヴィアサルト・・・ガトリングによる瞬間火力、ホミサによる対複数火力があるので、劣勢な場合に活躍します。リザーブ機にオススメ。

ストライカー・・・敵味方共に膠着状態な場合にその状況を打破できる可能性があります。一方で、優勢・劣勢時は戦線の移り変わりが激しくてあまり活躍出来ない可能性も。リザーブ機にオススメ。


まとめ

今回はリザーブについての記事でした。
リザーブ機はリスポーン中にしか変えられないというのが欠点ですが、状況によってリーダー機を変えることができるのは大変便利です。是非自分なりのリザーブ機の活用法を研究してみてください。


↓よろしければポチっと宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ