キャプチャhuransu


Tier2(167mm砲)
みなさんこんばんは。乱(みだれ)です。
今回は、4/19にアプデで追加されたフランス巡洋艦についてです。

新しく追加された巡洋艦らしく尖っております。
とはいえ、英ほどでもないのでご安心を。


仏巡の特徴① エンジンブーストが使える

いきなり特殊消耗品をぶっこんできました。
仏巡は、なんと駆逐艦しか使えないはずのエンジンブーストをTier6から使うことが出来ます。
効果時間は180秒と十分。


特徴② 魚雷が強い

Tier3-4において射程6kmの魚雷、Tier5から射程9kmの魚雷を使うことが出来ます。
それだけではありません。これだけ優秀な魚雷を持っておきながら魚雷の射角が広いのです。
日本の重巡は射程は10kmですが射角は後方のみ。利便性においてはフランス艦が勝っているかもしれません。


特徴③ 紙装甲

「魚雷が強い船は装甲が薄い」法則が見事に発動しました。
はい。


見特徴④ 強力な主砲

Tier2に165mm,Tier3に139mm,Tier4に155mm,Tier5~6に152mm,Tier7~に203mm砲が搭載されています。
軽巡時代(~Tier6)は普通に強いです。
ですが、重巡時代(Tier7~)からは、独巡のような主砲になります。
なんとその射程は17km。そんなにいりません。


その他


対空・・・それなりです。

機動力・・・やや悪いです。(舵が悪いだけで速度は悪くありません)

隠蔽・・・やや悪いです。


例えると

日巡の機動力を奪い対空を強くしたような船。(+エンジンブースト)
独巡の機動力・隠蔽を奪い魚雷を強くしたような船。(+エンジンブースト)


戦い方

これらの特徴から、仏巡はかなり攻撃型です。
とはいえ、エンジンブーストと長距離の主砲・悪い隠蔽と魚雷・舵の悪さと紙装甲の組み合わせは少し使いづらいと思います。
なので、私はエンジンブーストを利用した遊撃兵のようなポジションが一番良いと思います。
巡洋艦が少ないところにエンジンブーストを使用して直行。巡洋艦としての役目(火力支援・対空支援)は出来るので頼りになります。
直行した後も劣勢の場合、魚雷を使用することによって敵の進行を止めることが出来ます。
エンジンブーストで一目散に逃げることも出来ます。(やめておいたほうがいいと思いますが)



結論


かなり扱いが難しいです。
長所・短所が明確なので、確実に長所を活かし短所を補う戦い方が必須です。
間違えてもエンジンブーストを使用して肉薄雷撃・・・なんてことは最終手段にしてください。
強いか弱いかで言われると強いです。なぜなら火力が高いですから。
「装甲が薄い」という短所を「火力が高い」という長所で補うことができればの話ですけどね。

もう一度言いますが扱いが難しいので、初心者の方におすすめは出来ません。
しかし、乗るなと言われると乗りたくなるのは自明の理。
乗る理由を作るならば、これだけは言っておきます。

見た目が格好良い!

↓よろしければポチっと宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ