ライトノベルの4割は異世界転生、3割は恋愛、2割はコメディ、そして1割は変なやつだ。
みなさんこんばんわ。乱(みだれ)です。
ゲームについての記事ではなくてすみません。
今のところイベントが「PSO2で雨風と共にが始まったこと」くらいしかないので、次のイベントまでのつなぎとしてライトノベルについての記事を書くことにしました。

異世界転生系とは

異世界に転生してチート能力でハーレムを築き無双する(渡航式)ジャンルのもののことです。
既存のものでいいますと、片思い系と無双系を足したものであります。


最近のライトノベルのジャンル


冒頭にも書きましたとおり、ライトノベルの4割は異世界転生、3割は恋愛、2割はコメディ、そして1割は変なやつです。
ライトノベルからアニメ化した作品(ロクでなし魔術講師以下略、エロマンガ先生)等を見ていただくと分かりやすいと思います。
ここで1つの疑問点。
数年前まではコメディ系が流行っていました(GJ部辺り)。ですが、なぜ今は異世界転生系が流行っているのでしょうか。



流行が変わった理由

私は、以下の3つの理由があると考えています。

①日常コメディ系が飽きられた
日常系のものは「物語の進行」というものがない、もはや小説と呼べるのか怪しいものでした。
日常系同士のラノベで違うものは「作者」と「絵」と「舞台」と「キャラクター」だけです。
そんなものをいくつも読んでいれば、当然読者は飽きます。
なので、日常系に代わる新ジャンルを探した結果「異世界転生系」になったということだと思います。


②異世界転生系が作りやすかった
これは①の「異世界転生系」が選ばれた理由にもなるのですが、このジャンルのものは幅があると思うのです。
日常系は現実のどこか・・・でしたが、異世界は世界そのものが違うので、剣とか魔法とか全然OKです。
なので、どんな世界を作るかによって作品に幅をもたせることが出来ました。
それに、物語の進行というものがあるので、小説らしかったということもあったと思います。

③連続で異世界転生系がヒットした
SAO、リゼロ、このすば
それぞれ主人公最強系、主人公最弱系、ギャグ系の異世界転生を代表する作品です。
これらの連続ヒットを受けたことにより、「異世界転生系は売れる」という認識が生まれ、今の異世界転生系ブームにつながっていったのだと思います。


ですが、ここでまた疑問点が湧きます。
時代が変わっても、1割は変なやつが必ずいるのです。
数年前の日常系ブームのときにも、もちろんその変なやつはいました。
そして、その変なやつの中には普通の異世界モノもあったのです。

なぜ異世界に”転生”するのか

始めから異世界であるものと、異世界に転生するものの違いは、主人公の感覚です。
一人称の場合、書き手は必ず主人公の気持ちを描写しなければなりませんが、異世界で生まれ異世界で育った主人公と現実で生まれ現実で育った主人公では、異世界に対する感覚・常識が違います。

異世界で生まれた主人公の場合、異世界で普通に起こりうることには何ら驚きません。なぜならば、異世界で育ってきた間に同じ光景を何度も見てきたからです。そのため、異世界で起こる現実で起こり得ない出来事を、書き手は主人公になりきり当然のように描く必要が出てきます。
体験したことのないものを文章にするのは結構難しいです。なので、1割以下しか異世界系は書かれず、また難易度の関係でそれ以上書かれなかったというわけです。

対して、異世界転生系はどうでしょう。現実から転生してきた主人公は異世界で起こる現実で起こり得ない出来事に驚きます。それは当然、主人公が現実の人物であるからです。
この主人公は、「現実の常識を持っている」として、書き手と共通しています。
そのため、主人公の驚きをリアルタイムで体験している書き手は、その驚きを正確に簡単に描写出来る。
この「書きやすくハイレベル」である点が、異世界転生系ライトノベルを広めたといって良いでしょう。

これで、わざわざ”転生”する理由がわかったと思います。
単純に「心情が書きやすい」からですね。
他にも、「現実との違いを出すことで異世界の異世界らしさを際立たせる」という効果もあります。


雑論

現在のラノベ投稿サイトの五割は異世界転生系である。
これは紛れもない事実です。実際に見てみるならば、「某なろう」サイトが特に多いです。マジで多いです。
その他のサイトでは減少傾向にあるのですが、このサイトだけはどうも減りません。

別に異世界転生系が悪いというわけではないですが、ただあまりにも多いと感じたので、このような記事を書いた次第です。(最盛期は過ぎていると思いますが。)


※この記事は9割くらい筆者の主観です。是非他のサイト様の意見も参考にしてください。

↓よろしければポチっと宜しくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ